読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KICKS OF CHICKEN

スニーカー、バスケットボール、音楽など

【ライブレポート】※ネタバレあり ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR

こんばんは、コジローです。
 
今日は神戸で行われた ONE OK ROCK(以下ワンオク) のワンマンツアーに参戦して来たので、その感想を書いていきたいと思います。
 

f:id:kc_snkr:20170319002403j:plain

 
※下記の内容には、ライブツアーのネタバレ情報が含まれています。 ご了承いただける方のみ、ご覧ください。
 
神戸公演の会場は、ポートライナー三宮駅からポートランド内にある『神戸ワールド記念ホール』と言うところで行われました。
ライブ中のMCでtakaが言っていましたが、ワンオクがこの会場でワンマンライブを行うのは今回が初だったようです。
そんな記念すべき公演を観ることができ、嬉しく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは早速内容に行きましょう!!
 
2015年の"XXXV"のツアー同様、今回のツアーも対バン形式のツアーとなっています。
神戸公演のゲストは、 COLDRAIN(以下CR) 。

f:id:kc_snkr:20170319002529j:plain

端正な顔立ちに高身長という、イケメンの代名詞とも言えるMasatoがボーカルを務める5人組ロックバンドです。
その顔立ちからは想像ができないデスボイスを効かせた、メタル系の曲で人気のバンドです。
僕自身、CRを見るのは2015年の夏フェス以来でした。
あまり予習もしてなかったので盛り上がれないかな?と不安でしたが、そんなことはなく、かなり楽しめました✨
今後は彼らの楽曲もチェックして行きたいと思います👌
 
そして、大本命ワンオクの出番。
 
ツアータイトルと同様のアルバム"Ambitions"のイントロが流れます。
ステージの暗幕が中央から割れ、一筋の白い光が…そのまま光の筋は広がって行き、メンバー4人のシルエットが浮かび上がります。
 
ステージに移った4人はそれぞれの持ち場へ。
 
Bomb away のイントロが始まり会場のボルテージが一気に上がります。
歌い終わったと思うと、すかさず次の曲へ。
 
ONION、DeeperDeeperと立て続けに歌い、ちょっとMCそしてまた次の曲へ、と行った流れで20曲を歌ってくれました。
 
全てネタバレしてしまうと、今後のツアーに参戦する方の楽しみがなくなってしまうので、この曲は聞けてよかった、こうしたらもっと楽しめたと言う曲だけ紹介して行きます。
 
聞けて良かった曲は、
20/20、
Start Again、
I was King、
We are の4曲です。
"Ambitions"の中でも特に好きな曲なので、ライブで聴くことができて良かったです✨
 
こうしたらもっと楽しめた曲というのは、
I was King、
We are の2曲です。
他にもコーラスを求められる曲は複数ありますが、この2曲に関しては最後のサビ前にガッツリ歌詞を歌います。
どちらも英語の歌詞なので、会場中がうろ覚えでふにゃふにゃ言ってました😅
 
I was Kingは、
If I go downからの4フレーズ
 
We are は、
最後のサビを丸々歌いました。
 
アルバムが出てから、毎日欠かさず聴いていましたが、歌詞はきっちり入ってきていなかったです😭
会場中がバッチリ歌えたら、メンバーの4人もすごく嬉しいと思うんですよね。
 
僕の個人的な意見ですが、ライブってアーティストとファンが相互に楽しませ合ってやっと成立すると思ってます。
 
お金を払ってるんだから、自分だけ楽しめれば良いじゃないかって人もいるかもしれません。
でも、そのアーティストが自分の地元でライブをしてくれなくなったら、見ることもできませんよね??
 
このアーティストが好きだから、生で見たいからまたライブしに来て貰いたい。と思ったら、
アーティストに気持ちよく、そして楽しんで貰って、またこの会場でライブしたいなって感じて貰うのが良いんじゃないかと、僕は考えてます。
 
なので、ライブ後は毎回声が枯れてます😅
 
話が脱線してしまいましたが、とにかく最高のライブでした✨
 
拙いレポートでしたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。
自分なりに感じたことは書いたつもりですが、他にもこんなことを書いて欲しいというリクエストがあればコメント頂けると幸いです。
 
それでは、おやすみなさい💤