KICKS OF CHICKEN

スニーカー、バスケットボール、音楽など

【ライブレポート】ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR Final(後編)

こんにちは、コジローです。

 

f:id:kc_snkr:20170520094341p:plain

後編では、本編となるワンオクのパフォーマンスについてレポートしていきます😊

 

 

 

まずはセットリストです。

 

1.Ambitions intro

2.Bombs away

3.ONION!

4.Deeper Deeper

5.Taking Off

6.20/20

7.Cry out

8.Clock Strikes

9.Bedroom Warfare

10.69

11.Always coming back

12.Wherever you are

13.Listen

14.Bon Voyage

15.Start Again

16.I was King

17.Take what you want

18.The Beginning

19.Mighty Long Fall

20.We are

21.One Way Ticket

22.完全感覚ドリーマー

 

32公演全て同じセットリストだったみたいです🤗

 

 

 

場の演出は、神戸公演のレポートで書いた内容と変わらず、神々しい登場でした😆✨

 

内容ですが、神戸公演ではレポートしなかった曲を中心に書いていきます🙌

 

『Bombs away』から激しいナンバーが続き

、会場のボルテージが高いまんまでした🤣⤴︎⤴︎

 

何曲目が終わった後だったでしょうか、TAKAが一度ステージを離れ、TORURYOTATOMOYAの3人がMCを始めたんですが、その時のTOMOYAが最高でした🤣

 

RYOTASuchmosめっちゃ良かってんけど、TOMOくんのノリ方がめっちゃキモいねん笑』

 

TORU『え、どんななん?ちょっとやってみ(ボイパ)』

 

TOMOYATORUのボイパに合わせてダンス。

 

TORU『え、なんでそんな動きなるん!?キモっ!!』

 

と、ここでTAKAが帰ってきて、『なんの話ししてたの?』から、もう一度TOMOYAのダンス笑

笑いすぎてお腹痛くなりました笑

 

f:id:kc_snkr:20170520094423p:plain

ダンスの写真をTOMOYAがインスタに載せていたので、転載させていただきました。

 

 

 

 

7曲目『Cry out』

 

最後のサビ前の間奏で、サークルを作っているオーディエンスに向かってTAKAが一言。

 

『ここは俺に仕切らせてくれ……準備はいいか?3.2.1 GO!!』

 

とサークルモッシュに合図を出していました🙌

 

ライブで何度か『Cry out』聴いてますが、わざわざ仕切らせて欲しいなんて言ってること、これまでにあったかな??

なんにしても、TAKAに仕切ってもらいながらのモッシュは楽しいでしょうね😆✨

僕はスタンドだったので、指を咥えながらアリーナ見てました😖

 

 

 

 

 

12曲目『Wherever you are』

TOMOYAのピアノ伴奏を中心に、いつもと違う雰囲気で演奏されていて、より一層優しいナンバーに仕上がっていたと思います。

もちろん、曲そのものも最高でしたが、ここでもTOMOYAがやってくれました🤣

 

TOMOYATAIHEI(Suchmosのキーボード)にピアノの基礎練教えてもらったから、やっていい??』

 

とツアーファイナルで基礎練習を始めてました笑

 

TAKAに文句言われてました笑

やりとりが可愛かったです😊

 

 

 

 

 

 

17曲目『Take what you want』

優しくも力強い声で歌うこの曲がすごく好きです。ライブでのアレンジも良くて、癒されながら、同時に元気をもらえる気がしました。

ライブのアレンジとして、最初のサビに入る前、少しの沈黙を置いて再び歌い始めるのですが、この時は様子が変でした。

 

約1分くらいだったでしょうか?

長いと感じる沈黙があり、何度か口元にマイクを持って行くも、マイクを下ろすを繰り返していました。

 

前列のブロックから、スタッフを呼ぶ声が聞こえていたので、体調を崩した人がいたのでしょう。

TAKAは、救護が済むのを待っていたのかもしれません。

ファンを大事にしてくれていることを改めて感じました。

 

 

 

 

 

18曲目『The Beginning』

『Take what you want』から一変、再び会場のボルテージが上がりました。

 

ここでTAKAがオーディエンスを煽りまくります。

 

TAKA『お前ら、ルール(モッシュ、ダイブ禁止)無くしてもこんなもんか!? もっとかかって来いよ!!』

 

それに答えるように更に大きなサークルを作るアリーナ。

 

あの中に居たら、どれほど楽しかったことか😖

スタンドじゃ物足りませんね、僕はモッシュして汗撒き散らして遊びたいです笑

 

 

 

 

 

19曲目『Mighty Long Fall』

ファイナルは、彼女(普段ワンオクは聞きません)と見に行ったんですが、この曲のパフォーマンスを見て彼女が一言こう言いました。

 

f:id:kc_snkr:20170520094456p:plain

彼女『神様じゃん。』

 

アリーナに背を向けて、天を仰ぎながら拍手を浴びているTAKAがそう見えたみたいです。

 

back numberやRADWIMPSが好きな彼女ですが、この曲は刺さったみたいでした😆

わがままを言って、付いて来てもらった甲斐があったというものです😋

 

 

 

 

 

20曲目『We are』

神戸公演では、歌詞がうろ覚えで歌えませんでしたが、今回はバッチリでしたよ😁✨

 

この曲はやっぱりかっこいいですね!!

実は最近歌詞の意味を知ったんですが、どうしてこんな詩が書けるんでしょうか?

18歳に向けて作ったとTAKAが話していましたが、まさにそんな内容かと。

 

18歳を随分前に通過してしまった僕は、世の中に対して不満と不安しか持てなくなって来ていることを感じました笑

 

 

 

 

演奏を終え、一度ステージを後にしたメンバーでしたが、アンコールで戻って来たメンバーを見て、会場中の広島民が歓喜しました✨

 

メンバー全員が、我らが広島東洋カープのユニフォームを着ていたんです。

f:id:kc_snkr:20170520094533p:plain

 

TAKA=丸選手(9)

TORU=新井選手(25)

RYOTA=田中選手(2)

TOMOYA=鈴木選手(51)

 

ユニフォーム姿のメンバーもかっこいいですね✨

 

 

 

 

 

21曲目『One Way Ticket』

この曲は、どういう気持ちの時に作ったんでしょう?

内容的には、何らかの都合で離れ離れになってしまったカップルの後悔を歌っていると思うんですけど…

 

何となく、『海外ツアーで日本を離れても、必ず日本のファンのところに帰ってくるよ』と言ってくれているような、

いや、そう歌っていて欲しいと思っています笑

 

 

 

 

 

22曲目『完全感覚ドリーマー』

もう、アンコールと言ったらこれしかないですよね😆

ライブが終わってしまう寂しさを吹き飛ばして、スカッとしてしまうほど清々しい気持ちになりました✨

 

 

 

 

 

これからまた海外ツアーに行くみたいですが、追っかけなんてせず(したくてもできませんけど笑)、ONE OK ROCKの生まれた日本と言う名のホームでメンバーの帰りを待ちたいと思います🤗

 

書きたいことを書いただけの自己満なブログですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

これからも、よろしくお願いします🙇‍♀️